目指せ!マイナス5歳肌!周りと差がつくスキンケアとメイクの話

これでぐ~んと若返り!肌のお手入れとメイク方法のコツ教えます

ある程度の年齢になると、「見た目が若い人」「見た目が年相応の人」「見た目が実年齢より上の人」と、「見た目年齢」の差が歴然としてきます。同窓会や友達との集まりで、「あの人、昔は綺麗だったのに、今は・・・なんで?」と思ったり、「この人、枯れないな」と思ったり。その差はいったい何から出来上がっているのでしょうか?大まかに言えば、「自分にどれだけ手をかけているか」ということです。

では、自分に手をかける、とはどういうことでしょうか?

まず第一にに挙げたいのは、「肌のお手入れをきっちりとする」ということです。これは、何も高い化粧品を使え、と言っているわけではありません。もちろん、高い化粧品は効果的なものが多いのは言うまでもないことです。でも、安い化粧品の中にも質がいいものはたくさんありますし、使い方次第でいくらでも肌は輝いていきます。

第二に挙げたいのは、「化粧のやり方を考える」ということです。見た目年齢が若く見える人は、本人が自覚しているかしないかに関わらず、上手な化粧の仕方をしているものです。最近、「ものまねメイクアップタレント」なる芸能人の人がいるように、メイクはやり方次第で相当顔が変わります。それだけ効果があるものなら、取り入れない手はありません。今は比較的安価にメイクのやり方を教えてくれるスクールもありますし、デパートのカウンターなどで化粧品を買うときについでに聞いてみるのもいいかもしれません。要は、いくらでも勉強する機会がある、ということです。勉強するだけで自分を少しでも高めることができるなら、やらない手はないでしょう。

第三に、「美容法の情報に触れる」ことが挙げられます。現在は、いろいろな美容法があふれています。そして、その情報もインターネットや雑誌などのさまざまなメディアで聞くことができます。すべての美容法が自分に合うとは限らないけど、取り入れることができるものは積極的に取り入れることが、見た目年齢を下げるコツになるのは言うまでもないことでしょう。「よし、これなら自分にもできそう」と思ったことは、躊躇しないでやってみましょう。

第四に、「日々、いい気持ちですごすこと」が挙げられます。「病は気から」というように、ストレスというのは、心身の調子に大きく影響を及ぼします。病気だけでなく、美容にもこれは言えるのです。ストレスがかかった環境で暮らしていると、確実に老けます。そのため、ストレスマネジメントをきっちり行うことも、見た目年齢を下げるためには必要なことなのです。

毎日いらいらして過ごすより、楽しく過ごすことが一番の美容法、ということに気付きましょう。以上の四つの観点から「マイナス5歳の見た目年齢」を手に入れるために、必要な情報をあれこれとご紹介していきたいと思います。読み終わった後、実践すれば確実にマイナス5歳の見た目が手に入れられますよ。「自分にできることを確実に、こつこつと」やっていくことが、美しい年齢を重ねることにつながっていくのです。「日々研鑽」を目標に、がんばっていきましょう。

コスメを買うときはどこで買うのが一番いいの?

化粧品を買う場所としては、デパート、ドラッグストア、大型スーパー、通信販売、免税店などがありますが、その人の目的と欲しいものによってどれがベストかは異なります。

アートメイク、やるべき?やめるべき?

アートメイクは肌から皮膚の表皮といわれる部分に顔料を入れる施術のことです。毎朝のメイク時間が短くなる、というメリットがありますが、デメリットもいくつかあるので、自己責任で行いましょう。

身近なもので美肌に!手作りパックをやってみよう

昔の人の知恵にもあるように、身近にある食べ物をつかってパックをすることができます。ヨーグルトや黒砂糖など、スーパーで買えるものばかりです。しかしあくまで食べ物なので、使う分だけ作って、使い切ることを考えましょう。

間違っていない?フェイスマスクの使い方

フェイスマスクは肌の水分量が上がるなど、さまざまな効果が望めます。ただ、使い方を間違えるとその効果は半減してしまうので、正しい使い方を守ってお手入れしましょう。

Previous Posts

WordPress theme created by ThemeMotive.